春を感じている“さくらちゃん” ぼちぼち です

2月の25日(月)&28日(木) “さくらちゃん”寒さ厳しい中にも 少しづつ春を感じているようだ。
2月25日に覆いを開けて温度計を覗くと7℃と僅かながら活動している軽輩を感じる。
f0131768_955484.jpg

いつものように全体を掘りおこして新鮮な空気を入れる作業を施すが、前回の生ごみはそのままの状態だった。
そこそへ僅かながらも新鮮な生ごみを入れる。
f0131768_9572940.jpg

更に米ぬかを入れ古い生ごみも一緒に混ぜ合わせた。
f0131768_9591050.jpg

生ごみ米ぬか基材が混ぜ合わさったところへ米のとぎ汁を流し入れ更に混ぜ合わせた。
後は平に均して次に作業まで待つことにする。

このような軽微な作業を行ったが・・・・・
次には3日目の28日の作業となった。
同じように覆いを開き温度計を確認すると24℃もある。
外勤が-8℃を指しているから温度差は34℃となり、ジッと長く入っていると暖まる温泉と同じ温度だろうか!!
f0131768_1063525.jpg

中央を掘り下げて天地返しをするが底に入れておいたペットボトルは僅かに暖かい。
新しい70℃の湯を入れて準備する。
f0131768_108191.jpg

今日の生ゴミは650gと平均的な一日の量となるが・・・我が家では3日目のものだ。
f0131768_109381.jpg

天地返しで中央に穴を掘りそこへ生ごみと米ぬかを入れる。
f0131768_10104866.jpg

撹拌した後にペットボトルを偲ばせる。
f0131768_1175599.jpg

混ぜ合わせた生ごみを全体に広げてから上に基材を被せ平らに均す。
更に温度計を差し込んで今日の作業は終わりとなる。
f0131768_119841.jpg




by garbageeater | 2008-02-28 11:10 | 生ごみ堆肥“さくらちゃん”の日

東信州「たてしなエコ・クラブ」の主旨は自然豊かな立科町を次世代に残せるよう、温暖化防止などさまざまな活動を行いエコタウン作りを目指す。
by garbageeater
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ブログジャンル

画像一覧