“さくらちゃん”は寒さよりも乾燥に良いようだ

2月24日(日)
3日前に“さくらちゃん”の体温が57.5℃だったのが今朝覆いを外して温度を見ると7℃になっている。
f0131768_15282293.jpg

今日の天候からして、ガキの温度は-5℃仕方がないとも云えるが・・・・・
今朝は“さくらちゃん”を窓から見ると覆いを被せた上から雪が舞って布の上は凍り付いた雪で白くなっている。
f0131768_15291727.jpg

廻りには猫の足跡があるがカゴを被せてあるためにセーフだった。
カゴを外しても布には雪がへばりつき、こんな状態は初めてのことだ。
f0131768_15322016.jpg

全体に基材を掻き回してみると水分が全くない。
発熱で蒸発してしまったようだ、乾燥すると部生物が活性化しないため温度も上がらないってことだ。
f0131768_1534584.jpg

天地返しをして中央に穴を掘って生ごみを入れる。
f0131768_15355052.jpg

生ごみの次には米ぬかを入れるが、今日の米ぬかは自宅生精米したものを使った。
米ぬかを入れると同時に上の窓が開き、生ごみを追加をしたいとのこと窓越しに受け取る。
f0131768_15374257.jpg

今日の生ゴミを計った時点では800gだったがこれで900gとなったようだ。
f0131768_15384850.jpg


生ごみと米ぬか、そして基材とも良くかき混ぜて上に廻りの基材を掛けて平にした。
平になったところで温度も下がっていることだしペットボトルに70℃の湯を入れて基材へ入れてやった。
f0131768_15425656.jpg

全ての作業が終わった後に温度計を入れると16℃まで上昇している。
f0131768_1545146.jpg

9時少し前に作業を終了したので、6時間を経過した午後3時に再度おんどのかくにんをしてみた。
なんと6時間経った“さくらちゃん”の体温は10に下がっていたのだ。/font>

温度計は通常の一では見えずだいぶ引き抜いたところで摂氏10を示していた。
f0131768_15502574.jpg

水分が無いと云うことがハッキリしているのでやかんで250っcくらいのぬるま湯を流し込んだ。
f0131768_15514870.jpg




by garbageeater | 2008-02-24 15:55 | 生ごみ堆肥“さくらちゃん”の日

東信州「たてしなエコ・クラブ」の主旨は自然豊かな立科町を次世代に残せるよう、温暖化防止などさまざまな活動を行いエコタウン作りを目指す。
by garbageeater
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ブログジャンル

画像一覧