11月30日 やや健在の“さくらちゃん”

覆いをとり温度を見えると46℃とやや元気た。
乾燥気味だった基材も入れた生ごみのためか湿り気が回復しているのだろうか?
f0131768_1841633.jpg

クーリングを施すと上に比べて底には可なりの湿気が溜まっている。
スコップ(園芸用)で底の方まで掘って新鮮な空気を入れようとするが仮託し待っている。
f0131768_1844349.jpg

今日の食料(生ゴミ)は1.1kgとやや多めになっている。
これに米のとぎ汁が加わるが・・・・
f0131768_18451428.jpg

クーリングをしたところへ生ごみを入れる。
f0131768_18455590.jpg

米ぬかを多めに入れる。
f0131768_18463895.jpg

生ごみと米ぬかを切るようにスコップ(園芸用)で立てに突き刺してから天地返しをする。
更に細かくなるように切り、底の基材を彫りあげて生ごみと米ぬかに混ぜ合わせる。
基材には大量の微生物が生存しているので発酵分解に必用な作業だ。
f0131768_18492758.jpg

三種が混ぜ合わさったところへ米のとぎ汁を納れる。
水分が全体に廻るように更に撹拌する。
f0131768_1850343.jpg

周りに積み上げてある基材を平らに均して温度を測ると19℃とやや低めになった。
f0131768_1852816.jpg




by garbageeater | 2007-11-30 18:33 | 生ごみ堆肥“さくらちゃん”の日

東信州「たてしなエコ・クラブ」の主旨は自然豊かな立科町を次世代に残せるよう、温暖化防止などさまざまな活動を行いエコタウン作りを目指す。
by garbageeater
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ブログジャンル

画像一覧