11月8日(木)“さくらちゃん”“さくらちゃん”は体調も万全

この頃は食欲の秋と云うわけでばんばんと投入される食料(生ゴミ)を順調に平らげています。
ところが・・・風の便りで私の介添人が風邪を引き、ここ窓の外まで咳き込む声が聞こえてきます。
今年の初春には風邪のために一週間近くホッタラカシにされたことを思い出し、不安が過ぎりますが、今日は昨日お友達が来たとかで大盤振る舞いの果てが“さくらちゃん”の食料(生ゴミ)と相成ったようです。
なんと今日の食料(生ゴミ)は1.3kgと嬉しいやら怖いやら、お腹を壊さないようにしなければ・・・
f0131768_15542954.jpg

体温を測ると52℃もあり2日ぶりなら順調そのものだ。
この頃は温度計を入れたままにしてあるので、時間経過ごとに温度の変化が見えると思う。
発酵温度が最高に達するのは夕方くらいでそれから徐々に本当に少しずつ下がってくるようだ。
一度時系列で計測してみたいものだが・・・計測器があると嬉しいが。
f0131768_15591824.jpg

クーリングを施すと前々日にいれた生ゴミを全体に置ラバしてみたが、やはり周辺に有った物は分解が進んでなく、中には発酵すらしていないものが見られた。
f0131768_1613531.jpg

クーリングで掘った穴に生ゴミを入れる。
f0131768_163183.jpg

更に米ぬかをたっぷりと入れる。
f0131768_164180.jpg

撹拌するのだが、生ゴミが多く天地返しながら米ぬかと生ゴミを混ぜ合わせていく。
これが上手くいくと発酵・分解が促され成功に繋がっていくのだ。
f0131768_1610399.jpg

両者が混ざり合った処へ米のとぎ汁を入れる。
入れてからまた、天地返しをして水分が一カ所に溜まらないようにする。
これも3日に一回ぐらいの割合で入れるのがよい、また、1回は200cc位を標準としている。
f0131768_16113511.jpg

周りに盛り上げた置いた基材を中央に寄せて平らに均す。
f0131768_16141540.jpg

最後に温度計を入れると25℃を指した。
米のとぎ汁を入れたときの標準的な温度で、とぎ汁を入れないと30℃くらいから発酵分解が始まる。
f0131768_1616884.jpg




by garbageeater | 2007-11-08 16:16 | 生ごみ堆肥“さくらちゃん”の日

東信州「たてしなエコ・クラブ」の主旨は自然豊かな立科町を次世代に残せるよう、温暖化防止などさまざまな活動を行いエコタウン作りを目指す。
by garbageeater
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ブログジャンル

画像一覧