10月10日(水)驚くほどの元気溌剌

2日ぶりに“さくらちゃん”の覆いをとると、お驚くなかれ、活発な醗酵のためか表面には白く光る菌が沢山見える。
温度計をいれて体温を測ると以外にも46℃と低い・・・・
昨日はだいぶ高い温度になっていたのだろうか?
f0131768_10402245.jpg

クーリングを施すと表面に見えていた白い菌が底の方までビッシリト見える。
果たしてこれは醗酵菌なのか?それとも米糠に菌がついて白くなっているのだろうか??
f0131768_10423789.jpg

今日の食料(生ゴミ)は2日分で平気的な800gとなっている。
厚めに切り取ったジャガイモの皮はもったいないと思うが、“さくらちゃん”の食料(生ゴミ)としては澱粉質が多いのが良い。
f0131768_10442757.jpg

クーリングでは底の方まで深く掘り下げて塊を表面でバラバラに崩す。
これを満遍なく繰り返し全体が柔らかくなるにしたが、湿り気はほとんどなく乾燥しているのがわかる。
中央に深く穴を掘り生ゴミを入れられるようにした。
f0131768_10471510.jpg

窪みの中へ食料(生ゴミ)を投入する。
乾燥気味の食料(生ゴミ)を入れるが・・・・・
澱粉質が多いので醗酵には地から強いエネルギーになるだろう。
f0131768_10491343.jpg

生ゴミの上に米ぬかを入れる。
米ぬかは先日農協のコイン精米機から沢山貰ってきたから、年内は充分に賄えるだろう。
f0131768_10503748.jpg

米糠と生ゴミを良く撹拌して混ぜ合わせる。
そうめんかぼちゃの皮が以外にも乾いているためかスコップ(移植コテ)で割るとパリパリとくずれるように細かくなる。
f0131768_1053612.jpg

良く混ぜ合わさったところへ米のとぎ汁を入れる。
今日は乾燥しているのでこれで充分な湿り気が与えられ醗酵も促進されるだろう。
f0131768_10543788.jpg

更に米の研ぎ汁が一箇所にかたまらないように周りの基材(堆肥の基)を取り込んで撹拌する。
底のほうも天地返しをして湿度の拡販を促す。
f0131768_10563147.jpg

充分に混ざり合った後は、周りに盛り上げてある基材(堆肥の基)を中央へ移し平らに均して明日を待つ。
明日の醗酵温度がどのくらいになるのかが楽しいダ!!
f0131768_10581767.jpg




by garbageeater | 2007-10-10 10:58 | 生ごみ堆肥“さくらちゃん”の日

東信州「たてしなエコ・クラブ」の主旨は自然豊かな立科町を次世代に残せるよう、温暖化防止などさまざまな活動を行いエコタウン作りを目指す。
by garbageeater
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ブログジャンル

画像一覧