8月10日(金)夏バテもせずに頑張る“さくらちゃん”

今日の食料(生ゴミ)はハタマタ激辛ピーマンの種とヘタが入っている。
過日Mが辛みそ作りをしたときにも、同じようなものが入ったが“さくらちゃん”は汗もかかずにキッチリト消化しているのだ。
夏野菜のトマト・キュウリ、レタスがは入る食料(生ゴミ)も750gと平均よりUPしている。
f0131768_16584694.jpg

体温を計ると56℃まで一気に昇る・・・・さらに少しずつだが上を指している。
底のほうはまだmだ温度が高いようだ。
f0131768_1702099.jpg

温度計を抜いて直ぐにクーリングに入る。
上のほうは軽く乾燥しているが底はしっかりと固まり、湿気が多く含まれている。
スコップ(移植コテ)に力を入れてほりあげると、上に来てからは直ぐにバラバラになって崩れ落ちていく。
f0131768_1721474.jpg

中央に窪みをつけて底へ食料(生ゴミ)を投入する。
トマトの赤いヘタとピーマンの緑、卵の殻の白とどこかの国旗を思わせる色が綺麗だ。
f0131768_17417.jpg

米ぬかを等量入れる。
重量ではなくスコップ(移植コテ)一杯をいれてよくかき混ぜるのだ。
生ゴミと米ぬか、さらに基材を混ぜて微生物の働く環境を整えてやる。
これで醗酵・分解に活力がでてより良い堆肥ができるだろう。
f0131768_1761940.jpg

一通り混ぜ合わせたところでさらに横の基材をほりあげて切るように混ぜ合わせる。
中央だけに生ゴミがたまらないように全体に広がるようにしていく。
f0131768_1775641.jpg

よく混ざり合ったら周りに盛り上げて有る基材江尾中央に寄せて平らにならす。
f0131768_1784974.jpg

最終的にダンボールにカバーを掛けて、道具は横のストッカーに納める。
“さくらちゃん”もだいぶ体型が丸くなり、上から見ただけでは何処が正面かわからない。
写真で見ると下のベースとダンボールが正しく乗っていないのが判る。
f0131768_1711194.jpg




by garbageeater | 2007-08-10 17:11 | 生ごみ堆肥“さくらちゃん”の日

東信州「たてしなエコ・クラブ」の主旨は自然豊かな立科町を次世代に残せるよう、温暖化防止などさまざまな活動を行いエコタウン作りを目指す。
by garbageeater
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ブログジャンル

画像一覧