5月30日(水)“さくらちゃん”の温泉タマゴ製造機は見事失敗に終わった

今日の“ほっとステイ”の生徒たちに温泉タマゴをご馳走しようと張り切って、6個の卵を仕込んだのは好いが・・・
昼飯前に“さくらちゃん”の覆いを外して、温度計を差し込むと一気に52℃まであがった。
f0131768_10344942.jpg

6個の卵をひとつずつ袋から取り出して、割ってみると!!
なんと、温泉タマゴに仕上がっているのは二個だけだった。
中央よりに入れてあったのが完成している。
f0131768_10365989.jpg

この失敗を分析してみると、発熱をする食材と粉糠は充分に入れてあるが、水分(米のトギ汁)を多く入れすぎたことが原因だと推察できる。
また、卵をダンボールに近い外側に入れたのが良くない!!
生ゴミを周りに入れて中央に卵を纏めればよかったと思う。更に、生ゴミを底の、なるべく深い部分にいれて、その上に卵を置けば良かったと思う。
次回、小学校の先生方へ、エコ講座をさせてもらうときには成功させよう。
千葉県酒井根中学校の生徒諸君には申し訳ないことをした。
2つの温泉タマゴを5人で分け合って食べたことも思い出として欲しいものだ。
ありがとう



by garbageeater | 2007-05-30 22:30 | ECOな活動

東信州「たてしなエコ・クラブ」の主旨は自然豊かな立科町を次世代に残せるよう、温暖化防止などさまざまな活動を行いエコタウン作りを目指す。
by garbageeater
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ブログジャンル

画像一覧