4月26日(木)初めての糸状菌?麹菌?の大量発生

昨日は食材が少なく、リンゴの皮と茶殻程度しかなかったので“さくらちゃん”のメンテは休んだ。
また、ぜんじつに多すぎると思うくらいに水分(米のトギ汁を入れたので休んでよかったと思う。
今日は先ず、覆いを明けると表面に白い蜘蛛の巣状のカビが一面に広がっている。
初めての経験だ。今までは基材の中に白いカビ状のものが見えたが表面に広がっているのは珍しい。
f0131768_12284922.jpg

体温計を差し込むと反射的に温度が上がり赤い視線が60℃に達した。
今までにない急上昇なので、そのままほっとくと更に高温に向かうように思えたので、さっと抜き取り次にはクーリングの作業に入った。
f0131768_12315583.jpg

温度は余り高すぎないほうが良いと思う。しかし、実際に毎日メンテをしていて温度が上がらないのも淋しい気がする。
クーリングをするために底のほうまで掘り返し新鮮な空気を送り込むが、写真をとるにしても目には見えない湯気がレンズを曇らせているのだ。角の底のほうでは硬くなってスコップをかなり力を入れないと掻き回せない部分がある。
これもストレスがあるのだろうか・・・・・・
f0131768_1235164.jpg

今日の食材は750gだがほかに、リンゴ3つ分の皮と芯、ヨーグルトホエーが入る。
800gを軽く越していると思うが大食漢の“さくらちゃん”には消化できる量であろう。
f0131768_12391010.jpg

初めての食材としては鶏肉の皮(油)が入る。
今まで入れたことがないが、これにより温度が更に高くなるのだろう。
f0131768_12404898.jpg

食材を深めに掘った穴に落とし、そこへ粉糠を多めに入れた。
f0131768_12415190.jpg

最後は何時ものとおり平らに均し(食材はなるべく奥深く)に収めて基材で覆って平らにした。
その上からヨーグルトホエーを全体にふりかけ醗酵分解を促す。
f0131768_12433234.jpg

毎日の作業として“さくらちゃん”のメンテをやっているが、4月も最終段階に入り、この基材の半分を袋に取り込んで熟成させることをしたい。
別の袋に分けてもまだ醗酵は続くので、空気の出口を確保した上で静か1~2ヶ月完熟させたい。
秋野菜の肥料として“さくらちゃん”の堆肥が使われることを願っているのだ。




by garbageeater | 2007-04-26 12:49 | 生ごみ堆肥“さくらちゃん”の日

東信州「たてしなエコ・クラブ」の主旨は自然豊かな立科町を次世代に残せるよう、温暖化防止などさまざまな活動を行いエコタウン作りを目指す。
by garbageeater
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

検索

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ブログジャンル

画像一覧