順調に生ごみが分解されいる

4月14日 曇り 雨 夕方から 激しく降る

間に2日おいての生ごみの投入、今日はこのダンボールに始めていれる米のとぎ汁がある。
生ごみはいつもと同じ程度なので600gくらいだろう。
f0131768_085447.jpg


覆いを開けて温度計を見ると63℃を指している。
順調に微生物が働き発酵をしているのが解る。
f0131768_063138.jpg


このところの水をジョウロで撒いているので表面は少しだけ湿り気を持っているように見えた。
しかし、撹拌をしてみると底のほうは完全に乾燥して固くなっていた。
ほぐしながら隅々までほぐしていき、中央に生ごみが入るように凹みを作った。
f0131768_075317.jpg


生ごみ、米糠を入れて良く混ぜ合わせる。そして更に基材とも良く混ざり合うように撹拌したる
この撹拌するときに人参の頭などかたまりのものはなるべく小さくなるようにスコップで切るようにしている。
f0131768_0143433.jpg


最後は温度計を差し込んで見るとドンドン上昇しているのが見えるが30℃近くまで上がっていった。
これから60℃まで上昇すると思うが、どのような温度の変化が有るのかを調べてみたい気がする。
f0131768_0184226.jpg



廻りに盛り上げた基材を平に均して入れた生ごみを覆い隠すようにする。
これで一連の作業は終了であとは微生物にお任せするしかないが、今日は特別に米のとぎ汁を取ってあるので入れた。
400cc程度だと思うが全体にまんべんなく振り掛けた。
f0131768_0175471.jpg




by garbageeater | 2009-04-15 00:21 | 藁を使った生ごみ堆肥化

東信州「たてしなエコ・クラブ」の主旨は自然豊かな立科町を次世代に残せるよう、温暖化防止などさまざまな活動を行いエコタウン作りを目指す。
by garbageeater
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ブログジャンル

画像一覧