カテゴリ:コンポスト( 9 )




秋から春の生ゴミを 完熟堆肥化

6月7日(月) 快晴 

このところの忙しさでこのサイトの更新もままならず月日が経ち6月に入ってしまった。
昨年の9月にコンポストを空にして再び生ゴミを対処し始めたが、それも満杯となり畑の肥料にと再処理をすることとなった。
また、段ボール式の堆肥作りも段ボールが破けるなど3回、一年半の経過で型崩れが著しく、5月の環境フェアで販売した。
その時にのこった未成熟の基材もビニール袋に入れたままにしてあったので、この際更新をすることにした。

先ずは、段ボールでの堆肥作り、これは段ボールを使うことで無駄を省く唯で入手できるものを活用することで続けてきたが
今回はりんご園でもらった果実をいれるプラスチックのコンテナを利用してみた。
通気性も良いので、内側に段ボールと新聞紙を入れるのは湿度調整用にするためで、丈夫な段ボールを選ぶ必要もないのがよい。
f0131768_10443035.jpg


これに基材を未成熟な基材を入れるのだが、米ぬかも多少混ぜると更に発酵の助けになるだろう。
f0131768_10455920.jpg


軒下に設えた所定の場所に置くと、そこの部分の通気性を良くするために苗籠からはみ出すのが愛嬌だろう。
あとは生ゴミを投入するだけとなる。
f0131768_10483289.jpg



こういった一連の作業はこの先日々、キッチンからはき出される生ゴミを処理してくれる。

コンポストの処理はどのようにしているかと云うと・・・・
昨年9月からの投入も順調に進み、生ゴミを入れては米ぬかを入れ頻繁に撹拌して空気を底の方まで行き渡らせた。
そのためか、腐敗することもなく順調に分化され黒土のようになっている。
f0131768_1052272.jpg


満杯になった中身を一気に開けるには力がいるが上からスコップで少しずつ出していく。
直ぐ近くに山のように積み上げたところに薪ストーブからでる灰を加えた。
草木灰はカリ肥料として畑の作物でも野の草でも木でも重要な栄養源であり多く入れすぎて悪いことはないそうだ。
コンポストの中身と草木灰を撹拌するのはスコップや鋤を使うと大変な重労働になるし、巧く混ぜ合わせることができない。
そこでミニ耕耘機を利用する。
これに気がつくまでは苦労を重ねてきたが・・・・・昨年からは省力化と云うかカラダエコに徹している。
f0131768_1058431.jpg


完全に混ぜ合わさったら再び山のように円錐形に形を整えて、シートを掛ける。
シートは目に濡れないこともあるのだ、発酵を更に充実させるためにも保温効果も期待しているのだ。
f0131768_1115360.jpg


因みに一昨日の集会所ででた生ゴミを昨日投入したのだが・・・・・
覆いを開けてみるとしっかりと湿り気をもった感じがよかった。
f0131768_11112170.jpg


温度計を覗いて見ると何と57℃と・・・・
充分元気な微生物の様子をうかがい知ることができる。
f0131768_1112273.jpg




by garbageeater | 2010-06-07 11:02 | コンポスト

満杯になったコンポスト

2月7日(土) 晴れ 暖かく穏やかな一日

このコンポストも昨年の4月6日に設置した。
それから我が家からでる生ゴミはすべてこの中へ入れ、町のゴミ収集車には乗せていない。
もっとも、暖かな11月頃までは投入した生ゴミは、発酵、分解を繰り返し量も入れたものの2割くらいまで減っていた。
しかし、寒くなって微生物の活動が弱くなると、発酵温度が上がらず分解もペースダウンしてきた。
現在では生ゴミと米ぬかを混ぜ合わせたものの分解は極ごくわずかなペールになっている。
それ故にコンポストの上部まで溜まっていて新しいコンポストもう一基増設するか思案の場にきている。
今朝は少なめの生ゴミだが投入することにした。
米ぬかは小さな精米機を使っているので、3回に一回くらいは家で採れた米糠を使うことになる。
f0131768_1751422.jpg


コンポストの蓋を開けて棒を中央部分にいれてぐるぐる円錐形の穴を掘るように回転させた。
場所を変えてなるべく下の方に新鮮な空気が混じり合うようにいくつかの穴をあけた。
次にその穴に生ゴミを入れる。
f0131768_1755925.jpg


できるだけ底の方に新鮮な空気が入るように棒で拡販する。
米ぬかを入れながら攪拌して発酵を促すように空気を含ませ上部を平らにならし、さらに米ぬかを上に振りかけておく。
f0131768_17563933.jpg



全ての拡販が終わり米ぬかがふりまかれると作業は終わりとなる。
あとはしっかりとコンポストの蓋を閉めて、動物が開けたりしないようにする。
最後の仕事は生ゴミの容器を洗い片付けて終了となる。
f0131768_17593327.jpg


春になると発酵が促進されてコンポストの中身は半部くらいに少なくなるだろう。
新しいコンポストを購入するか?それとも臨時に段ボールでたい肥作りをするのか思案のときだ。



by garbageeater | 2009-02-07 18:02 | コンポスト

6月12日 一週間ぶりに 生ごみをコンポストへ

昨日から生ごみが溜まっているから処分してくれと云われている。
昨日は全く失念して午後に予定していた作業をすっぽかしていた。
前回は6月5日にコンポストへ入れたのだから、ちょうど一週間ぶりになる。
今日の生ゴミは、青いバケツ半分、キャベツの外葉、キッチンに置いてある容器2コ分ある。
f0131768_1750585.jpg


たいした量ではないが、一気にコンポストへ入れてから、となりの容器にある米糠を振りかけた。
スコップ(園芸用)3杯くらいだろうか・・・・
f0131768_17514190.jpg


米糠を振りかけた後は、フォークで四方から天地返しをする。
底の方は土となっているようだが、それを上に持ってきて平にならす。
湿り気も適当にあり良い状態だろう。
f0131768_17533221.jpg


現状ではウジ虫がわく様子もなく、ベストな状況を見ることができる。



by garbageeater | 2008-06-12 17:54 | コンポスト

コンポストへ生ごみを入れるのは1週間に1回

6月5日(木) キッチンの生ごみをバケツへ036.gif

キッチンで毎日出る生ごみはバケツに貯める。
バケツには米糠を入れておき・・・・・
f0131768_14533886.jpg

一日でこの四角い容器に一杯になる時がある・・・・
すかさず容器を手に、バケツに移し替える。
f0131768_145583.jpg

このときにできるだけ、水分を少なくするのが腐らせないコツです。
バケツに入れた生ごみは、スデに入っている生ごみと米糠に更によく混ぜ合わせる。
これはバケツにフタをして両手でバケツをもって回転させるようにしると簡単にできます。
f0131768_14575274.jpg

湿り気が多すぎる時には、乾いた落ち葉を入れるのが理想です。
新聞紙をこまかく千切って入れるのもいいかな?
バケツでは腐らせないようにしましょう。

コンポストでもウジが湧いたりしたら失敗だから捨てる!!ではなく
乾いた落ち葉や枯れ草などをいれて撹拌してください。
腐ったものは肥料にはなりません。



by garbageeater | 2008-06-05 15:00 | コンポスト

5月29日 山野草に囲まれたコンポスト

2週間ぶりくらいにコンポストに生ごみを投入する・・・・
この間に生ごみが出なかったわけではなく、筍の皮やアスパラの外皮などは畑の畝間に置いたりして土に返すようにしている。
普段のイチゴのヘタやジャガイモの皮などは小さいブルーのフタ付きのバケツにその都度入れて米ぬかを振りかけておく。
ソレの繰り返しで10日いじょうたったのだろうか?満杯になってきた。
また、今日は友人と3人での食事、福井からの焼き鯖を食したので、これをコンポストに入れる。
f0131768_1054861.jpg

初めに皿に乗せた焼き鯖の残飯を入れる。
前にいれたアスパラの皮が残っているのが見える。
f0131768_10554961.jpg

この上にバケツの生ごみを一気に入れる。
f0131768_10575475.jpg

次には下の既に分解されているものと混ぜ合わせるために天地返しをする。
この作業は大変だが生ごみを分解する微生物には新鮮な空気が必要なので尤も重要な茶寮になる。
この作業に役に立つのが フォーク 農場でもするのかと冷やかされながら購入してきたが・・・・
至極便利この上ない道具だ。
f0131768_111131.jpg

更にはとなり容器にストックしてある米ぬかをパラパラと全体に振りかける。
f0131768_114369.jpg

この米ぬかは微生物の活性化に必要な糖分であり栄養でもある。
f0131768_1131427.jpg

振りかけた米ぬかが見えなくなるくらいに全体を撹拌して平にならす。
このようにして最後は蓋を閉じて静かに米ぬかが入っている尖り容器と並び自然の中に溶け込むのであります。
f0131768_1181041.jpg


コンポストで一番の間違えは 生ゴミ捨て場 ではないことですね。
この中の微生物の力で発酵して分解する・・・詳しく科学的には長くなりますが・・・・
容器の半分くらいの高さまで来たら、蛎殻石灰、豆の油絞りかすなどをいれて撹拌することを繰り返すと良質の堆肥が完成するのです。

堆肥の材料が全て自分が口に入れた食材と同じ物が堆肥の材料になっているという、安心感と
食の循環といえるだろう。
畑で採れた物は畑にいれて土に返す、ソレが肥料となって次の野菜の糧となる・・・
ニオイは全くと言って出ません。
庭のある方は是非 コンポストを使用して、集合住宅の型はダンボール型堆肥作りを心がけてみてください。



by garbageeater | 2008-05-29 22:31 | コンポスト

5月9日(金) 生ごみは斯様にして堆肥となる

我が家の生ごみの処理前段のお話をしていなかったのでお聞かせします。
まずは生ごみを濡らさないということが大切です。
キッチン脇にタッパーの長方形の入れ物(ドカベンくらい?)
これに日々の野菜クズや茶殻などを入れます。
だいたい1~2日で一杯になります、
それをガレージに置いたバケツに入れるのですが・・・・
バケツは洗ってキレイに乾かした所へ米糠を入れます。
この米糠は我が家では毎回3合の米をトグ前に精米します、
勿論精米は七分突きにしますが・・・・これの3回分の米糠を精米器に貯めておきます。
f0131768_18415139.jpg

この米糠をバケツに入れます。
f0131768_18425655.jpg

米糠が入った上に生ごみを入れます。
f0131768_18434789.jpg

生ごみと米糠を混ぜ合わせます。
バケツを縦に回転させることでキレイに生ごみと混ぜ合わさります。
f0131768_18453635.jpg

あとはバケツが満杯になるまで繰り返します。
バケツは陽の当たらない涼しい場所へ置いてください。
f0131768_18465354.jpg

今日は隣の町でコンポストの中を撹拌したり、積み上げた草藁を天地替えするときに多いに役立つ道具を勝ってきました。
ファークという食事に使うものと全く同じ形ですね。
実際にコンポストの蓋を開けて使ってみると、これは便利・・
今までスコップで苦しい思いをしていたのが嘘のようです。
f0131768_18504794.jpg




by garbageeater | 2008-05-09 18:52 | コンポスト

5月7日(火) バケツ一杯の生ごみ処理

ガレージに置いた生ごみ用バケツが一杯になっている。
キッチンの上にあるタッパーの生ごみ入れも一杯、コンポストに入れる日が来たのだ。
前回から10日目の作業になる。
コンポストのフタを空けると前回入れた生ごみは全く見ることができない。
タッパの生ごみを入れてその上に米ぬかを掛ける。
f0131768_2335933.jpg

更にバケツ一杯の生ごみを入れ、同じように米ぬかをかける。
f0131768_2354871.jpg

スコップで天地替えをするのだが・・・・重い・・周りから中央へ下から上にと掘るのだが重い。
全体を掻き回してから畑の乾いた土を入れて更に撹拌する。
ダンボールのようには巧く撹拌できない。
これはスコップではなく、ファークを用意した方がよいのだろう。
f0131768_2384831.jpg

全体に土を混ぜ合わせて平に均して終わりとする。
f0131768_239369.jpg

空になったバケツを見ると先に入れた米ぬかは生ごみと合わさりながら、ヌカ漬けの臭いがする。
f0131768_23105983.jpg

最後はバケツと生ごみ入れを井戸で洗って作業終了。
f0131768_23115893.jpg

約20分の作業だったろうか。
10日に一回の生ごみ処理、ダンボールやコンポストを使って良質の肥料が出来るとなれば最高のものだ。



by garbageeater | 2008-05-07 23:13 | コンポスト

4月からの3回目のコンポストへの使用

4月27日(日) 陽射しはあるが冷たい風

キッチンから毎日出る生ごみをガレージに置いてあるバケツに入れて、米ぬかと混ぜ合わせておく。
1週間で一杯になりコンポストへ移す。
バケツの蓋をとると米ぬかと生ごみを塗してあるためか、ヌカ漬けの臭いがしている。
f0131768_2285761.jpg

コンポストの蓋を取り中を見ると、一週間前の生ごみは姿を消している。
発酵して分解しているのだろうか?
ダンボールの堆肥作りと同じようなものだ。
f0131768_22104673.jpg

バケツの生ごみをコンポストへ移す。
f0131768_22121160.jpg

入れた生ごみの上に右側の容器に入っている米ヌカをスコップ(園芸用)一杯入れる。
f0131768_22133784.jpg

次にはコンポストの中の下の方のものと混ぜ合わせるためにスコップを差し込んで天地代えをするのだが・・・
重い、重くてなかなか各般が出来ない。
この作業にはフォークがあるとべんりなのだろうか?
f0131768_2216717.jpg

なんとか天地代えが終わり山盛りになった中身を平に均した。
f0131768_22171136.jpg

コンポストの蓋を閉じて生ごみを入れるバケツをきれいに洗い、乾かした後に米ヌカを入れた。
f0131768_22184291.jpg

最後にコンポストの廻りが浮いていないかなど確認をして全ての作業が済んだ。
ネギの植えてある直ぐ近くにコンポストを置いたが、ネギにどのような影響が出るのかも観察をしていこう。
f0131768_22211758.jpg




by garbageeater | 2008-04-27 22:22 | コンポスト

ダンボールからコンポストへスムーズな転換

4月6日(日) 暖かな青空の一日

1日から小さなバケツに生ごみを入れて米ぬかを入れるこれの連続で満杯になった。
ついにコンポストを設置する日が来たのだ。
藤澤のAさん夫妻から頂いたセットものもで便利に使えるようになっている。
コンポストと云っても生ごみ堆肥のダンボールと同じで容器が変わっただけと思う。

設置の仕方は、コンポストを置く場所を決めて10センチくらい丸く穴を掘る。
掘ったところの床の部分の土を柔らかく掘り返し、水分が地中に吸収されやすくしておく。

f0131768_2241375.jpg


そこへコンポストを置いて、乾燥した草などを入れる。
入れすぎたと思っても直ぐに発酵分解して行くので問題はない。
f0131768_22422290.jpg


横に四角いコンポストがあるが、これには米糠を入れる(俺流→ダンボール堆肥と同じ考え)
f0131768_22455692.jpg


ここへ小さなバケツに貯めた(約1週間分)生ごみ(既に米ぬかと混ぜてある)を入れる。
f0131768_2244253.jpg


最後に一番大切なことは生ごみを入れた後に必ず撹拌することが肝腎だということだ。
生ごみを分解する微生物は空気がなくては活きていけない。
夏場の暑いときにはこの空気に触れる機会を多くすることによって腐敗から逃れられるのだ。

夏場に使う緑のコンポスト 名前を募集します



by garbageeater | 2008-04-06 22:54 | コンポスト

東信州「たてしなエコ・クラブ」の主旨は自然豊かな立科町を次世代に残せるよう、温暖化防止などさまざまな活動を行いエコタウン作りを目指す。
by garbageeater
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ブログジャンル

画像一覧