2007年 10月 01日 ( 2 )




9月28日(金)食傷気味の“さくらちゃん”

“さくらちゃん”の覆いをあけると醗酵臭よりも腐敗臭が強い。
1週間前に入れた2日続けて米のとぎ汁をいれたのが失敗の元だと思う。
体温を測ると43℃しか上がっていない。
このところの平均温度は43度で5~60度には程遠い醗酵熱になっている。
f0131768_16262324.jpg

クーリングを施すと蛆虫と蛹になりかけているのが見える。
米ぬかに入っていた虫が温度の上がらないダンボールの中で育っているのだろう。
ウジ虫だって醗酵して分解されれば立派な肥料となるのだから・・・・・・そのまま継続しよう。
f0131768_16291343.jpg

今日の食料(生ゴミ)も1kgと少々多めになっている。
f0131768_16305677.jpg

湿度が高いことおあり米ぬかを1.5杯入れることにした。
f0131768_16315224.jpg

良く撹拌して生ゴミに米ぬかが纏わり着くようにシッカリと掻き回す。基材(堆肥の基)とも混ぜ合わせて醗酵熱が高くなることを願う。
f0131768_16332891.jpg

最後は平らに均して明日を待つ態勢をとる。
f0131768_16341172.jpg




by garbageeater | 2007-10-01 16:34 | 生ごみ堆肥“さくらちゃん”の日

9月25日(火) 少々バテ気味の“さくらちゃん”

覆いを開き温度計を差し込むと45℃と少々低めだが、最低の醗酵温度がでている。
ダンボールを新しくするときに入れた基材(堆肥の基)には固形物が多く全体に少なめだったために以前のような醗酵温度は見られない。
f0131768_1612725.jpg

クーリングと云うよりも底の方へ新鮮な空気を入れるために掘り起こし、底の方の塊を崩しながら全体に天地返しを施した。
f0131768_1645812.jpg

今日の食料(生ゴミ)は多めにあり、久しぶりのこともあってかなりの量だ。
秤に乗せると1.3kgもある。
f0131768_1681061.jpg

中央に穴を開けて食料(生ゴミ)を放り込むのだが、基材(堆肥の基)の量が少ないため、盛り上がってしまう。
f0131768_1684465.jpg

次には米ぬかを生ゴミの上に入れる。
生ゴミの量が多いためいつもよりも1・5倍の量となる。
f0131768_1610115.jpg

米ぬかと生ゴミそして基材(堆肥の基)を良く混ぜて醗酵をしやすくする。
f0131768_16112680.jpg

最後は回りに盛り上げて有る基材(堆肥の基)を平らにならして、醗酵を促し明日を待つ態勢をとる。
f0131768_1613109.jpg




by garbageeater | 2007-10-01 16:13 | 生ごみ堆肥“さくらちゃん”の日

東信州「たてしなエコ・クラブ」の主旨は自然豊かな立科町を次世代に残せるよう、温暖化防止などさまざまな活動を行いエコタウン作りを目指す。
by garbageeater
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧