5月11日(日) 食用廃油でロウソクつくり

昨日から続く雨もだいぶ小やみになったが寒い。
今日は午後1時から権現山運動公園にある室内ゲートボール場で“こころりん”というグループと共に食用廃油でローソクを作った。
このグループとは春、秋、正月の新年会を一緒に開いている。
今日のローソク作りは「たてしなエコ・クラブ」が主催する6月21日の夏至の日に☆ジャンドルナイトを行うのでいろんなグループで今日のような展開をしている、
f0131768_2242635.jpg

使い切った天ぷら油でこのような綺麗なロウソクができる。
そして、その燃えるときにでる香が部屋中に広がり楽しくなること最高なのです。
初めにミーティングルームに集まり、テーマソング「一つの手」を皆で大きな声をだして歌った。
声をだしたので寒さも吹っ飛びロウソク作りが楽しくできる。
f0131768_22475192.jpg

ゲートボール場に下りてからはフライパンに油を入れて、80℃位になったらローソクに色を付けるスティックをいれて溶けるまで待つ。
溶けたら火を止めて好みの薫りは林檎が良いというので20滴入れ、『固めるテンプル』をいれて溶かした。
f0131768_22552337.jpg

マドレーヌの型枠に油を流し込み、凧糸をローソクの芯にする。
このときローソクの真ん中に芯が入るように厚紙で位置を決められるようにした。
f0131768_22561213.jpg

ローが完全に固まったら長く伸びている芯を短く切る。
芯はあまりみじかすぎない方が良いようです。
f0131768_22592713.jpg

全てが終わって“ころころりん”のメンバーはお土産に持ち帰り、残ったロウソクは70個ありました。
6月21日に農ん喜村交流促進センターで開くキャンドルナイトが楽しみです。
まだまだ沢山のロウソクを作らなければなりません・・・・・
道具を片付けてからスタッフで反省会と、キャンドルナイトの打ち合わせをしました。
できたばかりのキャンドルに火を灯し車座の中央に起きました。
f0131768_234998.jpg

寒い今日の天候も皆で作ったロウソクのお陰か、身も心も温まりました。



by garbageeater | 2008-05-11 23:05 | たてしなエコ・クラブ

東信州「たてしなエコ・クラブ」の主旨は自然豊かな立科町を次世代に残せるよう、温暖化防止などさまざまな活動を行いエコタウン作りを目指す。
by garbageeater
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ブログジャンル