6月7日(木)立科小学校環境学習出前講座

今日は立科小学校の先生方の研修会で、“たてしなエコ・クラブ”がエコについてプレゼンテーションをさせてもらうことになった。
この始まりは3月のことでクラブとして地元の小学生に環境の問題意識を持ってもらおうと、教育活動の一助になればと思いお願いをしてあった。
既に小学校とは2回の打ち合わせの後に今日の本番を迎えたのだ。
雷雨が激しい降りで雹まで降って活きた状況の中、はたして大丈夫かと心配したが準備に入る頃には維持的に止んでくれた。
4時から開始のために一時間半前に到着して、“さくらちゃん”や妹になる、空のダンボール、中に入れる機材など持ち込んだ。
また、エコエネルギーを説明するために太陽熱を利用する、“ソーラークッカー”なるものを持ち込んだ。
会場は給食室で全ての生徒と先生が給食を同時に摂れる広いホールで行われた。
開始時間にぴったりの4時に25名の先生が来室して行われた。
始めの挨拶とともにメンバー紹介などが行われ、プレゼンに入った。
f0131768_23221990.jpg

内容はエコ・クッキング、生ゴミの堆肥化、自然エネルギーと三つの項目に分けて担当のNさん、俺、Tさんが行った。
Nさんのエコ・クッキングは講義だけでの説明は大変難しく、一緒に調理実習などをすることで理解がしやすいが、下のプリントのように上手に説明をして先生方も理解していたようだ。
特に洗剤の使い方については皆さんの家庭でのやり方とエコ的な方法には大きな差が見られたようだ。
f0131768_23301058.jpg

Nさんからのバトンタッチで俺の番に廻った。
堆肥作りは実物を盛ってきているので解りやすいし、先生方も前のほうに出てきてもらってのことなので解りやすかったと思う。
組み立てたダンボールの中へ米ぬか3kg腐葉土5kgを入れるところからやり、実際に生ゴミまでも持参したので理解が得られたと思う。
究極の失敗は“さくらちゃん”もボランティアで同行したのだが、前日に生卵を4個いれていき、会場で温泉玉儀をご馳走する予定だったが見事に失敗をしてしまった。
それは俺の重大な責任なのだが、前の日の“さくらちゃん”の食料がアスパラの根元と皮、蕗の根元など水っぽいものばかりで熱源になるものがなかったのだ!!
f0131768_23375794.jpg

先生方も大変残念がって貰ったので“さくらちゃん”も心穏かになったことと思っていたが、かなり落ち込んだようだ。
しかし、暖かな生卵?も出来たばかりの妹“姫さくらちゃん”の食料になるべく投入されたので芋があったことだと思う。
今更ながら“さくらちゃん”の妹思いの心遣いには愛妻さえ感じるのだ。
f0131768_23424144.jpg

先生方は腐葉土と米ぬかそれに生ゴミを入れることで(当日の温度)52℃になることにだいぶ驚かれていたようだ。
また、生ゴミが4~5日で消えてしまうのがサプライズな出来事で微生物の働きが、小学生の勉強になるとのこと。
4年生の担任の先生が“姫さくらちゃん”を引き継いでくれたのが嬉しい。
次にはたてしなエコ・クラブの先輩Tさんの説明で自然エネルギーの説明が始まった。
今日の天気がよければソーラークッカーでホットケーキと紅茶くらいはご馳走できたのが残念だ。
会場に持ち込んだソーラークッカーは先生方も興味を持ち、実際の授業で使ってみたいようだった。
f0131768_23513121.jpg

以上で『立科小学校環境学習・出前講座』を終了とした。
このような機会を得られたことは小学校の校長、教頭先生の多大なご協力の上で成り立ったこと、将来に向けてさらに研究を重ねいきたい。



by garbageeater | 2007-06-10 23:53 | たてしなエコ・クラブ

東信州「たてしなエコ・クラブ」の主旨は自然豊かな立科町を次世代に残せるよう、温暖化防止などさまざまな活動を行いエコタウン作りを目指す。
by garbageeater
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ブログジャンル

画像一覧