3月8日 第2回 らくらく菜園塾

今日は第2回目の「らくらく菜園塾」が望月農協であった。
菜園塾と云ういかにも畑の知恵を授かるような講座名だが、実際にはECOな生活を目指すものなのだ。如何に無駄に食材を使わないか、畑のものを有効に使い四季折々の旬の物を食べることを目的として、野菜、果物、木の実等を循環させて生かして行くことが目的だ。
講師は南相木村に住む細井千重子さんで下記URLのとおりの方なのだ。                 http://www.ruralnet.or.jp/ouen/meibo/127.html
如何に食材を無駄にしないで人の口に入れるか、そして、その残った物を循環型生ゴミ処理ダンボールに入れて堆肥を作る。又は小動物(鶏やうさぎ)に食べさせてその糞尿を堆肥を作るのに利用するなど食物を循環させていくことを熱く語ってくれるのだ。
f0131768_1849495.jpg

午後は草や藁、生ゴミなどを利用して堆肥を作っている農家へ出向き、サークルの中で堆肥が作られている状況の説明を受けた。
f0131768_1942717.jpg

その後は望月・春日の畑でコンポストを設置する実習した。コンポストも信州では3月~11月の期間に使用し冬季は中の物を天地返しして雨除けを掛けて寝かせるそうだ。
コンポストも設置するときに底を10cmくらい掘り下げ柔らかくして水分が染みとおるようにするのが重要だとか。また、刻んだ藁や粉糠を生ゴミと交互に積み重ねることでより良い堆肥がつくれるのだ。
f0131768_19152846.jpg

午後の春日での実習は蓼科山から吹き降ろす風が寒く厳しい状況だった、有意義な講座だった。



by garbageeater | 2007-03-08 18:35 | ECO教室

東信州「たてしなエコ・クラブ」の主旨は自然豊かな立科町を次世代に残せるよう、温暖化防止などさまざまな活動を行いエコタウン作りを目指す。
by garbageeater
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ブログジャンル

画像一覧