零下のなか段ボールは55℃と元気な姿を維持している

新年も半月過ぎてしまい、今日は小正月、昨夜の新年会の生ゴミと、午前中に開いた集落のどんど焼きででた生ゴミを合わせて投入する。
生ゴミを投入しようと被いをとると中からは暖かい空気が立ちのぼる。

f0131768_16564619.jpg

温度計を見ると55℃、外気の温度は0℃、あらためて微生物の力に驚く。
f0131768_1657990.jpg

天地返しをして新鮮な空気を含ませたあと、中央に窪みを付けて今日の生ゴミを入れる。
f0131768_16574645.jpg

生ゴミを入れた後は、正月に使った食用油を敏に取り置きしたものを少しだけ上から振りかけた。
f0131768_1658396.jpg

廻りの偉材と生ゴミを混ぜ合わせる。
f0131768_16581839.jpg

作業のお仕舞いは新聞紙のフタをすrのだが、中に落ちないように苗かごをしたに置いた。
これは暖かさに誘われた野良猫が上に乗っても中に落ちないようにするにはグットアイディアなものだろう。
f0131768_16584785.jpg




by garbageeater | 2012-01-15 17:08 | 生ごみ堆肥“さくらちゃん”の日

東信州「たてしなエコ・クラブ」の主旨は自然豊かな立科町を次世代に残せるよう、温暖化防止などさまざまな活動を行いエコタウン作りを目指す。
by garbageeater
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ブログジャンル

画像一覧