その後の“さくら”防寒はバッチリと施す

“さくら”はその後も順調に生ゴミを分化しつつ活発な微生物の営みを見せている。
しかし、師走も末になるあたりは雪も見え、段ボール一重では寒さが身にしみるようだ。
そこで、冬用の分厚いコートと云うわけではないが、外側に一廻り大きな段ボールを設え、間には新聞紙を丸めて詰め込んだ。


右側にうのは昨年の冬に二重にした段ボールで中では堆肥化した基材が熟成を待っている。
f0131768_10131017.jpg


一重の段ボールでは冬になると基材の温度は0℃前後、これでは微生物は冬眠してしまう。
f0131768_10133329.jpg


一廻り大きな段ボールに、使用中の段ボールを下の苗かごと中の基材ごと中にいれる。
内側の隙間には新聞紙を丸めてしっかりと断熱効果を高める。
f0131768_10135867.jpg


上には苗かごを乗せて発酵温度ででる蒸気を解放できるようにする。
f0131768_10144827.jpg


苗かごの上には更に新聞紙二日分を軽く乗せて断熱効果を図る。
f0131768_101538.jpg


更に寒気団が来るということで段ボールの蓋を閉めた。
f0131768_10163117.jpg


これで“さくら”の冬の対策はバッチリとんった。
云うまでもないが、我が家の冷蔵庫も暮れの大掃除とかでカロリーの高い食品が賞味期限切れとやらで放出された。
果たしてエコな生活を送っているのか些か疑問を呈するものだが、今日もしっかりと生ゴミ投入した。




by garbageeater | 2011-12-28 10:05 | 生ごみ堆肥“さくらちゃん”の日

東信州「たてしなエコ・クラブ」の主旨は自然豊かな立科町を次世代に残せるよう、温暖化防止などさまざまな活動を行いエコタウン作りを目指す。
by garbageeater
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ブログジャンル

画像一覧